« 7月7日は | トップページ | auだと »

2006年6月26日 (月)

ぼくの花

ぼくの花        詞・曲 Yosuke

雨降りの朝 傘もささずに とりつかれた様に空を見る

瞼閉じても 眠れぬ夜がある   嘘で固めて傷つけた過去がある

Ahいつの間にかこんなに 素直になれない

人の愛し方って そもそも何だっけって 今日も自問自答繰り返す

僕という一つの生き物が この世に小さな芽を出して

雨に打たれて 風に吹かれながら 時に踏まれて それでも息を続けた

Ah満たされない心が 苦しいよ

誰かに愛されたくて 本当は寂しくって 変わらない愛を求めている

この腕で この足で この顔で この色で生まれて

この街に 僕の花今咲かせよう

このかたち 僕のまま 歌い続けよう この声枯れるまで

芯のないプライドや たちの悪いズルさも 弱さも その全て含めてこそ僕の全て

雨の中 空を見る あの花は過去の僕だった

今もう一度 咲き誇ろう

こんばんは!Yosukeです。これは沖縄で作った曲の1曲です。自分自身のことについて1曲書くという課題が出て書いた曲です♪これまたいつか演奏しますね^^

さてさて、今日は久々にタパスタパスでパスタを食べました。まぐろの頬肉のスパゲティにチーズをトッピングして食べるのが最近お気に入り。

宮益坂には梵天もあるしタパスタパスもあるし、2年半働いた写真屋もあるし、なんだか縁の深い坂ですね♪

明日からまたレコーディングだ!頑張るぞ!

|

« 7月7日は | トップページ | auだと »

コメント

素敵な歌詞ですね

投稿: ちか | 2015年12月25日 (金) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくの花:

« 7月7日は | トップページ | auだと »